産業医の皆さま

さんぎょうい株式会社は、
産業医と企業の架け橋を
目指しています。

ぜひ、先生方の貴重なお時間を
さんぎょうい株式会社で有効活用してください!

産業医の皆さまを
フルサポートします!
さんぎょうい株式会社では、先生方が産業医業務を円滑に努めることができるように、
コーディネーターが企業との調整事項から煩雑な事務のお手伝いまでフルサポート致します。
弊社コーディネーターは、以下のようなお悩みもサポートします。
  • 1資格は取ったけれど・・・
    • 仕事の始め方がわからない
    • 企業の要望がよくわからない
    • 産業医として求められることは?
    • 衛生委員会では何をするの?
    • それぞれの面談目的とは?
    • 他の先生はどのようにやっているのか?
  • 2とにかく忙しい!
    • 勤務中、企業からの問合せに対応できない
    • 契約条件や料金交渉など煩わしい
    • 事務処理が煩わしい
    • スケジュール調整が煩わしい
    • 衛生委員会で使う資料を集めて欲しい
  • 3訴訟リスクが高まり不安・・・
    • 専門家の意見も聞きたい
    • 判例や他社事例が知りたい
    • 自宅の住所や連絡先を知られたくない
    • 個人情報漏洩のリスクが心配
  • 4緊急時やトラブル!
    • 出産、怪我、病気、入院etc・・・
      一時的にピンチヒッターをお願いしたい
    • 企業から不満の声が・・・
    • 面談者とのトラブル、どう対応する?
  • 5企業の要望をどこまで対応する?
    • 遠方の支店に訪問してほしい
    • 50名未満の事業場も見て欲しい
    • セミナーや講演を依頼された
    • 頻繁な追加訪問や時間延長の依頼
  • 6メンタルヘルスは専門外!?
    ~メンタルヘルスにおいて
    こんな産業医が求められています~

    • 職場全体のバランスを考えながら判断する
    • 精神科領域の知識だけでなく労働法や
      労働安全衛生全般の知識や経験がある
    • 病状ではなく、常に就業を軸に判断する
    • 主治医や弁護士、上司等と連携意識がある 等々

想い

さんぎょうい株式会社
代表取締役会長 塩谷 賢一

1990年代初頭に、私は勤務医と健診医をしつつ産業医活動を始めました。産業医活動を始めてみると、その業務は想像以上に多岐に渡り、処理や対応に費やす手間と時間は多大なものでした。

その後の社会経済情勢の変化に伴って労働安全衛生法等が幾度か改正され、同時に産業医に求められる知識、情報、仕事量も尚一層増加しました。やがて私の仕事は、すべてを一人で対応することが困難となりました。私が出席した様々な会合でも、「産業医をしているが、事務作業量を軽減したい」「産業医を請けたいが時間が無い」という話をよく耳にするようになります。産業医と企業を仲介して、企業ニーズの把握、情報収集、事務サポートなどをするスタッフが必要だという声が、数多くあがります。そこで、私は産業医と企業の架け橋となる会社を立ち上げる決意をしました。

今日、企業には「安全配慮義務」「過重労働対策」「メンタルヘルス対策」など、高度な法令順守とリスクマネジメントが求められるようになりました。さらには、政府が「一億総活躍社会の実現にむけた働き方改革」を掲げて「労働者の健康確保のための産業医・産業保健機能の強化」を唱えたことで、私たち産業医の仕事はますます社会的に重要で、且つ高度になっています。

さんぎょうい株式会社では、担当コーディネーターが先生方と企業との間に入って連絡調整するばかりでなく双方の本音の要望までも調整することで、意思のすれ違いなどによるトラブルの軽減を図っています。さらには、先生方の専門外の相談や依頼についても対応いただけるように医療機関・保健師・臨床心理士・社労士などとも連携する体制を整えています。これが、幣社が多くの先生方から頼もしいパートナーとして評価頂いている所以です。

ぜひ、さんぎょうい株式会社に産業医のお手伝いをさせてください。

産業医を募集しています。
まずは、ご登録ください。
登録登録